10/02/2006

冠詞の話

 秋さんの記事へのトラックバックです。

la cenaとすればバッチリだと思います。una cenaと言われると、どんな?って聞きたくなります。una cena specialeとか、una cena romanticaとか、なんか、続きがあるような。不定冠詞は、いろいろあるうちの何かひとつなんだというつもりでつけるんですよね。定冠詞は聞き手もピンと来て当然の決まったものにつけるので、la cenaだと、ああ普通に夕食ね、って感じます。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

13/01/2006

冠詞は難しい?

 冠詞が表すニュアンスは、日本語にすると、ひとつの単語ではなく説明的になります。日本語でも同じ違いを表しますが、それには語順や助詞を変えたり、別の表し方を使うからです。

 次の二つの日本語を読んでみて下さい。イタリア語にするとき、それぞれ『本』という名詞をどう表せばいいでしょうか。

1。本は机の上です。
2。机の上に本があります。


 他動詞の目的語になる名詞にどっちの冠詞をつけるか、悩むことも多いですね。どっちでもいい場合もありますし。

 次の場合、どうだか考えてみて下さい。動詞は全部avereです。どっちでもいい場合も、ニュアンスの差があるので、そこまで考えてみるといいですよ。

1。時計持ってる?
2。ペン持ってる?
3。携帯ある?
4。百円玉ある?


 

| | Commenti (11) | TrackBack (0)