16/03/2006

ステファノ・ベンニ著『BAOL』より

BAOL, di Stefano Benni, Feltrinelli
P40より引用
- Un mago baol può.
- Io non lo sono più.
- Davvero? Eppure ho smesso di parlare già da un pezzo.
Era vero. Garapatax aveva gli occhi chiusi. Forse dormiva. Stavo ascoltando i suoi pensieri. C'ero caduto.

「バオルの魔法使いならできる」
「僕はもうバオルじゃない」
「そうかい?じゃが、わしはさっきからもうしゃべってはおらんよ」
 本当だった。ガラパタックスは目を閉じていた。眠っていたのかもしれない。僕は彼の想念を聴き取っていたのだ。やられた。

『BAOL』 ステファノ・ベンニ著 出版社フェルトリネッリ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

07/03/2006

語順とニュアンス。やっぱりちょっと修正します

 こんな質問をいただきました。
********
ロッシ夫妻は子どもがいますか? → Hanno figli i Signori Rossi?  I Signori Rossi hanno figli?  どちらもいいのでしょうか?
********

 イタリア語は、平叙文と疑問文で順番を変えることはしません。ただ、ニュアンスによって、それが平叙文でも疑問文でも同じように順番が変わってきます。というわけで、上の二つの文はどちらも正解ですがニュアンスが異なります。

Hanno figli i Signori Rossi? で、イントネーションのクライマックスをfigliにおくと、「子ども」を強調するということで、ニュアンスとしては「子ども?」という感じになり、ロッシ夫妻に子どもがいることを少し疑っているような「子どもいるんですか?ロッシ夫妻って」となります。
 平叙文にして
Hanno figli i Signori Rossi. としてもやはり「子ども」を強調するので、「子ども、いますよ、ロッシ夫妻には」というニュアンスになります。

 でも同じこの語順で、イントネーションにあまり起伏を持たせずに言えば、「子どもいますか、ロッシ夫妻は?」程度になります。

I Signori Rossi hanno figli? では、イントネーションのクライマックスはRossiにきます。普通に「ロッシ夫妻には子どもがいますか?」と訊ねるのはこちらです。すぐ上の場合との違いは、日本語でも同じで、ただ思いついた順が違っただけです。
 平叙文でも
I Signori Rossi hanno figli. で、「ロッシ夫妻には(複数の)子どもがいます」となります。

 ニュアンスまでは難しいですよね。かなり会話の場面を体験していかないと、こういう感覚を養うのは至難です。日本語に訳すときに、ニュアンスに忠実にやっていくことを心がければ、あるいは不可能ではないかもしれませんが、かなりマニアックな作業になるでしょうね(^^;) 

 語順だけじゃなく、イントネーションもそこに大きな役目を果たしますね。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

27/02/2006

映画化されるそうなので2

Alessandro Baricco "Seta":BUR  P28より抜粋して引用
- Quando uscirete di qui avrete ciò che volete.
- Quando uscirò da quest'isola, vivo, riceverete l'oro che vi spetta. Avete la mia parola.

「ここを出られたら、お望みのものを手にされるでしょう」
「私が生きてこの島を出られたら、品代の金をお受け取りいただきましょう。約束は守ります。」

白水社から出ている翻訳本は左でご案内しています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

23/02/2006

映画化されるそうなので

Alessandro Baricco "Seta" :BUR 
P16より一部の会話のみ抜粋

- E dove sarebbe, di preciso, questo Giappone?
- Sempre dritto di là.
- Fino alla fine del mondo.

「それでどこなんだ、正確には、その日本ってのは?」
「あっちだ。ずっとまっすぐさ。」
「この世の果てまで。」

訳本も出てるので、左に紹介しておきます。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

21/02/2006

こんな表現

Non è previsto.

想定外。

Puoi dirlo forte.

そこんとこ、もっと言って。

Visto che ci siamo...

せっかくだから…

È ancora presto per dirlo.

まだ何とも言えない。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

03/02/2006

映画『Corbari(邦題:特攻大戦線)』より

"Per me andrebbe bene, ma loro potrebbero fraintendere."
"Fraintendere? Dillo chiaramente che sei tu che non vuoi che io resti."


「俺はいいが、みんなは誤解するかもしれない」
「誤解する? はっきり言いなさいよ。あなたなんでしょ、私がいて困るのは。」

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

06/01/2006

アンドレア・デ・カルロ『nel momento』より

05a

P122会話のみ抜粋して引用
"Io so solo che ho bisogno d'acqua."……
"Anch'io."……"C'era un bar, la' nella via."
……"Non parlavo di bere."

「私にはただ水が必要なの」……
「僕もだ」……「バールがあったな。あっちの道に」
……「飲みたいわけじゃないのよ」

| | Commenti (0) | TrackBack (0)