12/05/2006

la posa plastica

A destra, l'arrivo vittorioso di Mann; notare la posa plastica dello sbandieratore

右の写真は、マンのウィニングゴール。チェッカーフラッグを振る人のポーズが決まっている。


…写真がないとわかんないですね(^^;)
posa plasticaは、自然にはとらないカッコをつけたポーズ。notareと合わせて「決まっている」という訳にしましたが、もう少し皮肉なニュアンスをプラスした方がいいかな。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/03/2006

ステファノ・ベンニ著『BAOL』より

BAOL, di Stefano Benni, Feltrinelli
P40より引用
- Un mago baol può.
- Io non lo sono più.
- Davvero? Eppure ho smesso di parlare già da un pezzo.
Era vero. Garapatax aveva gli occhi chiusi. Forse dormiva. Stavo ascoltando i suoi pensieri. C'ero caduto.

「バオルの魔法使いならできる」
「僕はもうバオルじゃない」
「そうかい?じゃが、わしはさっきからもうしゃべってはおらんよ」
 本当だった。ガラパタックスは目を閉じていた。眠っていたのかもしれない。僕は彼の想念を聴き取っていたのだ。やられた。

『BAOL』 ステファノ・ベンニ著 出版社フェルトリネッリ

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

13/03/2006

恩師の著書『Nel Giappone delle donne』より 3

Nel Giappone delle donne, di Antonella Pastore, Einaudi
Introduzione P12より引用

Altra sorpresa per l'osservatore occidentale: quando una coppia giapponese va al ristorante, al cinema o in qualche negozio, se i due sono sposati è normale che sia la donna a pagare e non l'uomo.

 西洋人が驚くことがもうひとつ。日本人は、カップルでレストランや映画館,お店などへ行くと、それが夫婦であれば普通お金を払うのは女性であって、男性ではないということ。

| | Commenti (6) | TrackBack (0)

27/02/2006

映画化されるそうなので2

Alessandro Baricco "Seta":BUR  P28より抜粋して引用
- Quando uscirete di qui avrete ciò che volete.
- Quando uscirò da quest'isola, vivo, riceverete l'oro che vi spetta. Avete la mia parola.

「ここを出られたら、お望みのものを手にされるでしょう」
「私が生きてこの島を出られたら、品代の金をお受け取りいただきましょう。約束は守ります。」

白水社から出ている翻訳本は左でご案内しています。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

23/02/2006

映画化されるそうなので

Alessandro Baricco "Seta" :BUR 
P16より一部の会話のみ抜粋

- E dove sarebbe, di preciso, questo Giappone?
- Sempre dritto di là.
- Fino alla fine del mondo.

「それでどこなんだ、正確には、その日本ってのは?」
「あっちだ。ずっとまっすぐさ。」
「この世の果てまで。」

訳本も出てるので、左に紹介しておきます。

| | Commenti (2) | TrackBack (0)

11/02/2006

雑誌Bell'Italiaの記事より

Scorrendo sul nastro, i cioccolatini arrivano alla macchina confezionatrice che, con precisione e velocità sorprendente, incarta (tre a tre) i gianduijotti pronti per passare agli scaffali di vendita passando per un secondo metal detector ancora più sofisticato del primo.


 チョコレートはベルトの上を流れて自動包装機のところへやってくる。これが驚くほど正確に速く、3つずつ包んでゆく。包装されたジャンドゥィオッティは、あとはもう、最初のものよりさらに精度の高い金属探知機を1秒かけて通過して、販売ケースへと移されるのを待つばかりだ。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

29/01/2006

恩師の著書『Nel Giappone delle donne』より 2

Nel Giappone delle donne, di Antonella Pastore, Einaudi
Introduzione P8より引用
Si va alle terme, ed entrando in un bagno pubblice nella sezione riservata alle donne si constata che tutte si spogliano con disinvoltura, giovani, meno giovani e vecchie ultraottantenni mostrano senza inibizioni carni sode o cascanti, pelli lisce o increspate di rughe.

Nel Giappone delle donne アントニエッタ・パストーレ著 エイナウディ発行
序章P8より引用したものを和訳
温泉へ行き、女湯に入ると、若い人も、そうでない人も、80歳以上のおばあさんも、みんな何も気にせず裸になって、からだが引き締まっていようと垂れ下がっていようと、肌がすべすべであろうとしわくちゃであろうと、当たり前のようにそれをさらけ出していることに気づく。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

16/01/2006

ダーチャ・マライーナ『La nave per Kobe』より

P10より

Il mio bellissimo padre, Fosco, appena laureato, senza un soldo, ricco solo di una borsa di studio, non cospicua ma esaltante, si affacciava dal ponte della nave scrutando il mare spumoso come se aspettasse di vedervi spuntare un pesce drago dalle orecchie giganti.


 ハンサムな私の父フォスコ−大学を卒業したばかりで一文無し、ただ、莫大ではないにしろ胸躍らせるには十分な額の奨学金を手にしていたので、その意味ではお金持ちであった−は、まるで、巨大な耳をした竜が現れるのを待っているかのように、船の甲板から泡立つ海をじっと見ていた。

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

12/01/2006

恩師の著書 Nel Giappone delle donneより

Antonietta Pastore著『Nel Giappone delle donne』
P5 Introduzioneより引用

Possibile che in un paese in cui la parità tra i sessi, da quel che avevo letto o sentito, era ancora lontana, le donne godessero già di una libertà che in Europa iniziavamo appena ad assaporare?

日本では男女平等なんてまだまだ先のこと、と、本には書いてあったし、人からもそう聞いていたのに、ヨーロッパの女性たちがようやく味わい始めたばかりの自由を、日本女性がすでに楽しんでいるだなんて、そんなことがあるの?

| | Commenti (0) | TrackBack (0)

06/01/2006

アンドレア・デ・カルロ『nel momento』より

05a

P122会話のみ抜粋して引用
"Io so solo che ho bisogno d'acqua."……
"Anch'io."……"C'era un bar, la' nella via."
……"Non parlavo di bere."

「私にはただ水が必要なの」……
「僕もだ」……「バールがあったな。あっちの道に」
……「飲みたいわけじゃないのよ」

| | Commenti (0) | TrackBack (0)