« 「音読」のコツ〜2 | Principale | ガイド試験ちらっと出し(1) »

04/10/2006

「音読」のコツ〜3

 文単位で読んでいくとき、文としてのイントネーションの方が大切なので、単語単位のアクセントはこれに吸収されて消えてしまうことがあります。文全体で、いちばん低いところから高いところまで、音階にしてだいたい3段階に分けてイントネーションを作っていくといいと思います。

 例えば

"La mia borsa è grande." 私のバッグは大きいです。

という文の場合、単語としてのアクセントはmiaはmi、borsaはbor…ですが、文全体となるといちばん低いキーからスタートして、borで1音階上がり、そのままのキーをキープして、granでもう1音階上がって、最後deで元の低いキーに戻る。こんな感じ。文字で読んでわかりますか?

 ここで低いキー高いキーというのは、自分の話す声の高さの中で、ということです。

 入門の人、音読の練習をしてない人、リスニングの不得意な人がこの文を読んだとき、ありがちな変なイントネーションを下にあげてみますと…

変1 Laを高いキーから読み始めて、そこから下がっていく。こういう人、多いですよ。他の文でも、Ci sono〜とか、Mi dai〜とか、代名詞で始まる文でも、高いキーから初めて下がっていく人、多いです。お手持ちのイタリア人が読んだ音源で確認していただきたいのですが、それはかなり珍しいと思います。

変2 上の例文で、Laを低いキーから始めても次のmiaでもう音階があがる人。これも違います。そうなるのは、「私の」かばんだ、と強調するときですね。

|

« 「音読」のコツ〜2 | Principale | ガイド試験ちらっと出し(1) »

Commenti

この音程の変化、私もまだまだうまくできません。。
日本語って比較的音程が平坦なので、これは結構難しく感じてます。
でもちょっと音程変化つけてみると、とたんに なんかイタリア語っぽ~い と自分でも感動してみたりして。^^;
ただ気をつけてないと、出だしの一言を高い音程で始めてしまい、途中で声裏返りそうになってしまったり。。とほほ。
喋る時って頭の中で文法組み立てるのに必死で、なかなかそこまで気が回らないんですが、がんばります。:)

Scritto da: さばゑびす | 12/10/2006 a 01:25 p.

 さすがに違う人かと思ってしまいました(^^;)> さばゑびすさん いつもどうもです。
 「イタリア語っぽい!」とか「イタリア人っぽい!」って思えるといいですよね〜。最初は、それが思い込みでも、間違っていてもかまわないので、イタリア人になりきって声に出すことだと思います。

Scritto da: みりあ | 12/10/2006 a 07:43 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164543/12143606

Di seguito i weblog con link a 「音読」のコツ〜3:

« 「音読」のコツ〜2 | Principale | ガイド試験ちらっと出し(1) »