« ベネディクト16世の言葉 | Principale | 冠詞の話 »

08/02/2006

動詞本来の意味をつかもう

 動詞に限らないけど、最初に習ったときに日本語に訳した意味が頭に焼き付いてしまって、それ以外で使えなくなるということ、よくあります。

 例えばtornareという動詞は『戻る』であって、『帰る』ではありません。tornare a casaとか、tornareの後ろに、自宅、故郷、自社など帰る場所を表す言葉が来たとき、『帰る』と訳すことができるだけです。本来、『(一度いた場所に)戻る』ということなので、日本語では『また来る』『また行く』という場面で便利に使えます。
Quando tornerai in Italia? 今度いつイタリアに来るの?
Torno più tardi. また後で来るね。/また後で行くね。

 
 

|

« ベネディクト16世の言葉 | Principale | 冠詞の話 »

Commenti

こんにちはー。
痛い痛い、これ、まさに私そうです。TT
ちゃんと本来の意味を調べて覚えるようにしなきゃ とは思うものの、なかなか・・・
trovare もよく使われる動詞だと思いますが、これもどーしても初めは「見つける」って意味しか出てこなくて。
Come ti trovi? と言われて、私何か探してたっけ? とか思っちゃったりして。。
う~ん、まだまだ勉強が足りないです。

Scritto da: maccarello | 09/02/2006 a 02:52 m.

maccarello さん
 ああ、trovareがありましたねー。私も実は大学出てすぐの頃、同じ経験をやってます。当時大阪にいたんですが、イタリア総領事の方とお話ししている中で、住んでいる場所の話になって、私は「どうやってそこを見つけたのか」と聞きたかったのに(今思えば、質問自体ひじょーーーにアホですね)、Come l'ha trovato?と言ったところ、Benissimo!みたいな答えが返ってきて、頭の中がクエスチョンマークでいっぱいになりました。

Scritto da: みりあ | 09/02/2006 a 09:02 m.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164543/8567159

Di seguito i weblog con link a 動詞本来の意味をつかもう:

« ベネディクト16世の言葉 | Principale | 冠詞の話 »