« 恩師の著書 Nel Giappone delle donneより | Principale | うちのチビ »

13/01/2006

冠詞は難しい?

 冠詞が表すニュアンスは、日本語にすると、ひとつの単語ではなく説明的になります。日本語でも同じ違いを表しますが、それには語順や助詞を変えたり、別の表し方を使うからです。

 次の二つの日本語を読んでみて下さい。イタリア語にするとき、それぞれ『本』という名詞をどう表せばいいでしょうか。

1。本は机の上です。
2。机の上に本があります。


 他動詞の目的語になる名詞にどっちの冠詞をつけるか、悩むことも多いですね。どっちでもいい場合もありますし。

 次の場合、どうだか考えてみて下さい。動詞は全部avereです。どっちでもいい場合も、ニュアンスの差があるので、そこまで考えてみるといいですよ。

1。時計持ってる?
2。ペン持ってる?
3。携帯ある?
4。百円玉ある?


 

|

« 恩師の著書 Nel Giappone delle donneより | Principale | うちのチビ »

Commenti

 『本』は1。が定冠詞、2。が不定冠詞になります。構文も違ってきて、
1。Il libro è sul tavolo.
2。Sul tavolo c'è un libro.または C'è un libro sul tavolo.
 文頭には聞き手の知っている情報を持ってくるのが基本なので、不定冠詞で文が始まることは少ないはずです。逆にその効果を狙って不定冠詞から始める場合もあります。この例の場合、1。では『本』が聞き手の知っている情報であり、2。では『机』がそうです。sul tavoloを後ろに持っていく場合でも、un libroで始めなくていいようにc'èを使います。存在の構文はそういう語順です。

 目的語の場合はこうなります。
1。時計持ってる? Hai l'orologio?
2。ペン持ってる? Hai una penna?/Hai la penna?
3。携帯ある? Hai il telefonino?
4。百円玉ある? Hai una moneta da 100 yen?/Hai la moneta da 100 yen?

 1。と3。は通常ひとりがひとつだけ持ち歩くもの。2。と4。はいくつでも持っていていいもの。でも、2。と4。でも、『いわゆるペン/百円玉というもの』と、総称として使うのなら定冠詞になります。

Scritto da: みりあ | 13/01/2006 a 07:43 p.

こんばんは!リンクして頂きありがとうございました。
尊敬するみりあさんにリンクして頂けて
光栄極まりないです。\(^O^)/
実はネット上では「はじめまして」ではないのです。^^
いつも、みりあさんのHPでお勉強させて頂いているのですが、何度か掲示板にも書き込みをさせて頂いたことがあるんです。
(ニックはyosshyではなかったのですが・・・うふふ)

こちらのブログでも、ぜひお勉強させてください。
どうぞ宜しくお願いいたします。

Scritto da: yosshy | 13/01/2006 a 09:38 p.

yosshyさん
 はじめましてじゃない??あれー?どなただろう…(笑
私の方は、yosshyさんのサイトやお店を見て、わーすごいなー、かっこいいなーって思ってました。だから有名な人に知っていてもらったみたいで、こちらこそ光栄です〜。
 また遊びに行きます!

Scritto da: みりあ | 13/01/2006 a 11:01 p.

こんばんは、dicotomiaです。
みりあさんの解説、いつも大変勉強になります!
私にとっては 「冠詞は難しいっ!」 なんですが、
でも今回の解説を読んで、今まで自分は
感覚的にしか冠詞を捉えてなかったんだな~
ということがよくわかりました。
これからもいろいろご教示いただけると嬉しいです。
更新楽しみにしています!

Scritto da: dicotomia | 14/01/2006 a 03:20 m.

dicotomiaさん
 ありがとうございます。私にとってもいつまでも「冠詞は難しい」です。何面もある立体を1面ずつ塗りつぶしていってるんだけど、まだ塗ってない面がいっぱいある気がしています〜。

Scritto da: みりあ | 14/01/2006 a 08:04 m.

みりあさん:ぼなせーら!お引越ししたんですね。また遊びにきました♪私も冠詞に苦しんでいた一人です・・・いまだに会話の中で、上手に使えなかったり、それ以前に、どうして?と考え出すとさらにわからなくなったりして・・・。みりあさんの説明、わかりやすいです!今までわかった気分になっていただけだったので、もうちょっと感覚的に考えるようにしたいと思いました!私もみりあさんの本、たまに開いていますよ!

Scritto da: saoli | 23/01/2006 a 12:06 m.

 訪問歓迎!!通信やりませんか〜〜?(笑)

Scritto da: みりあ | 23/01/2006 a 08:46 m.

みりあさん、あはは!実は私、それを同僚たちに話したら、いい加減にしなさい!と大笑いされたんですよ・・・(結構本気だったのですが)!みりあさんの通信、評判いいですよね!

Scritto da: saoli | 23/01/2006 a 11:48 p.

saoliさん
 えーーー?なんで?  「いい加減にしなさい」ってどういう意味でしょう?…え?私が冗談を理解してないのか??…コメント見てずっと考えてるんだけど、全然ほんっとにわかんない… 事務局の人で以前私の文法クラスの授業を受けていた人もいるし…

Scritto da: みりあ | 24/01/2006 a 07:52 m.

みりあさん、変な意味ではないですよ(笑)。私が冗談ばかりいっているから、あきれられているんでしょうね、あはは・・・;(笑)!実は今、受講中のレッスンを継続するか迷っていて、それで通信を考えていたんですよ、ですがまだ頑張れそうですので、通信にする際は是非宜しくお願いいたしますね!!

Scritto da: saoli | 25/01/2006 a 01:32 m.

saoliさん
 そういうことでしたかー。ごめんなさい。ぱっとわかんなくて。

Scritto da: みりあ | 25/01/2006 a 03:07 p.

Scrivi un commento



(Non visualizzato con i commenti.)




TrackBack

URL per il TrackBack a questo post:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/164543/8374888

Di seguito i weblog con link a 冠詞は難しい?:

« 恩師の著書 Nel Giappone delle donneより | Principale | うちのチビ »